九州ルーテル学院[熊本] こころと育ちの臨床研究所

予約・お問い合わせ先

096(343)2806
月曜日~金曜日 10時~15時
一覧へ戻る

ブログ

地震・災害後のこころのケアについて

地震などの災害を体験した後には、心と身体にさまざまな変化が起こることがあります。
これらは誰にでも起こる「ごく自然な反応」であり、その多くは一時的なもので、通常は時間が経つとともに回復していきます。しかし、中には長期化する人がいるので、適切な対応が必要です。何か困ったこと、心配なこと、分からないことがあるときは、一人で悩まず、相談してください。>

<過覚醒>

img_20160525_1.png

  • 眠れない
  • イライラする
  • 感覚が過敏になる
  • すぐに腹を立てる
  • 急にはしゃぎだす
  • 勉強や遊びに集中できない

<過覚醒>

img_20160525_2.png

  • 意志とは関係なしに嫌なものを思い出す
  • そのときの感覚がよみがえる
  • 何度も同じ怖い夢を見る

<回避・マヒ>

img_20160525_3.png

  • 特定の場所やものを避ける
  • 嫌な感情や記憶に関連するものを避ける
  • 感情や感覚がマヒする
  • その時の話をしたがらない

<解離>

img_20160525_4.png

  • その時の感覚がない
  • その時の記憶がない(おぼえていない)
  • 感情がわかない
  • 凍りつき(固まる、シャットダウン)

※なお、子どもさんの場合は、「一人でいるのを怖がる」「赤ちゃん返り」「一緒に寝たがる」「話をしなくなる」などの反応が出ることもありますので、気をつけてみておいてください。 2016-05-25

[2016-03-30]