九州ルーテル学院 こころと育ちの臨床研究所

予約・お問い合わせ先

096(343)2806
月曜日~金曜日 10時~15時
一覧へ戻る

ブログ

みなさまの健康と豊かな生活を送るためのお手伝いを

こんにちは。 4月からお世話になっています臨床心理士の尾上(おのうえ)美由紀です。
ジャニスの他には、病院での勤務と小・中学校のスクールカウンセラーをしています。
つい先日小学校の廊下を歩いていたら、運動会を控えた1年生から「赤組と白組、どっちを応援する?」と真剣な表情で聞かれました。スクールカウンセラーとしてどちらを応援するのか問われているわけです。真剣な瞳がまっすぐこちらに向けられています。
(かわいい!ああ、何て答えよう...)
「あなたの事を応援しているよ!かけっこ頑張ってね!」
・・・これで、よかったかな。今考えれば、イマイチかな。答えはありません。
カウンセリングでは通常、クライエントさんのお話しをお聞きすることから始めますが、小さな子供さんの場合遊びやお絵かきなど、ことばだけでなく様々な方法を介して課題の設定や解決を図ります。話しをするのが苦手という大人の方でも大丈夫ですので、安心してご相談ください。
熊本地震後は、長い間真面目に働いてこられた大人の方が心身の不調を訴えて相談に来られる例が増えているようです。最近になって初めて、地震の恐怖について語り始めたという子供さんも少なくありません。
地震やその後の環境の変化が心身に与える影響については、継続的かつ慎重に対応していく必要があると感じているところです。
大人から子供まで、みなさまの健康と豊かな生活を送るためのお手伝いが出来ればと思っています。

私は、大学の正門から校内に続く坂道をゆっくりと登り四季折々の自然を眺めながらジャニスのドアを開けるまでの時間がとても好きです。
何だか気持ちが静かになっていくそんな落ち着ける場所ですので、まずはお電話でお気軽にご相談いただきたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。

[2017-05-17] 尾上 美由紀