九州ルーテル学院[熊本] こころと育ちの臨床研究所

予約・お問い合わせ先

096(343)2806
月曜日~金曜日 10時~15時
一覧へ戻る

ブログ

儀式の大切さ

 早いもので、3月に入り、年度末を迎え、みなさま慌ただしい日々を送っておられるのではないかと思います。最近では、コロナウイルスの影響で次々とイベントが中止されています。3月といえば、卒業や進級、異動の季節ですが、卒業式や退任式、送別会なども例外ではないようです。私たちにとって、この節目を象徴する儀式というのは、とても意味のあるものです。例えば、大切な人が亡くなった時に行うお葬式や初七日、四十九日はとても大切な儀式です。私たちは時間をかけてその儀式を行う中で、その方とのお別れをし、気持ちの整理をしていくものなのです。儀式には、私たちがその節目を迎えるときに、こころの整理をする大事な役割があります。なので、卒業式がなくなるというのは、とても悲しいことで、新しい世界に一歩踏み出すための区切りをつけられなくなるということです。卒業式がないと、何か終わった感じがしないという方も多く出てくるかもしれません。とはいえ、コロナの感染も心配なので、致し方ないことなのかもしれません。とにかく、早く収束することを願うばかりです。儀式はなくなっても、せめて家族だけでも、今までの頑張りをねぎらい、新しい出発に向けて応援してあげたいですね。

[2020-03-04]